LCA (Life Cycle Assessment)

その製品が作られ、使用され、廃棄されるまでの間に、トータルで環境に与える影響・負荷を、総合的に評価する手法のこと。

これまで行われていた環境負荷分析では、製品の使用時や排気時に排出される有害物質の量や、処理やリサイクルの容易性など、ある時点に限定した環境負荷を評価していた。これに対してLCAでは、その製品の一生をトータルに考えて、環境負荷に配慮したものとする考えになっている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP