s|酸性雨

人為的汚染がない場合の雨水でも、大気中の二酸化炭素が溶けこんでいるためpHは5.6であることから、通常pH5.6以下の雨を酸性雨と呼ぶ。主として化石燃料の燃焼によって生ずる硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)などの酸性雨原因物質が大気中で変化し、これを取りこんで生じると考えられている。酸性雨による影響としては、1.湖沼や河川など陸水が酸性化し魚類が死滅する(酸性湖)、2.土壌が酸性化し植物の根を傷め、森林が枯死する、3.建造物(大理石・金属)が酸化腐食するなどがある。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP