k|建設廃棄物リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)

特定の建設資材(コンクリート、アスファルト、木材の3種類)の分別解体等及び再資源化等、解体工事業者の登録制度、解体工事現場への技術管理者の配置等を規定して、資源の有効な利用及び廃棄物減量化を確保します。平成12年5月成立、平成14年6月1日より施行される。

主務大臣は基本方針を定め、再資源化目標や再製資材利用促進方策を立て再資源化及び再生資源の利用を促進、対象建設工事の発注者(国、地方公共団体、民間発注者等)に対する協力要請により、再資源化建設資材の利用促進を定めている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP