t|低公害車(燃料電池自動車)

自己発電によりバッテリーを充電し、走行距離を向上させ充電にかかる手間を軽減しようということで生まれたのが燃料電池で、これを搭載した電気自動車を言う。自己発電の方法としては、天然ガスやメタノールを使って発生させた水素と空気中の酸素を化学反応させ電気を取り出す方法が考案されている。水を電気分解するのと逆のことを行うわけで、化学反応により排出されるのは水だけとなる。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP