k|京都議定書

1997年12月京都で開催されたCOP3(第3回機構変動枠組み条約締結国際会議)で採択されたもの。地球温暖化対策のための国際的枠組みとして温室効果ガスの排出削減をはかるための法的拘束力のある「数値目標」が決定された点で歴史的な意義を持つ。この議定書は、全28条と2つの付属書からなっており、削減対象となる温室効果ガスは、CO2やメタンなど6種類。同議定書で、先進国は2008年から2012年までに、温室効果ガス排出量を1990年より平均で5.2%削減するという義務を課せられた。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP