s|セメントリサイクル

無機汚泥、焼却灰などの廃棄物をセメントの原料として利用するマテリアルリサイクル。土木、建設工事に利用されるセメントは、カルシウムを主成分とする石灰石および、硅素、鉄、アルミなどを主成分とする粘土(クレー)を原料としている。

塩素などのハロゲン、ナトリウム、カリウム、クロム、有害重金属など少量でも品質に影響する成分以外は、バランスさえよければ、ほとんどの無機成分を原料として取りこむことができるので、幅広い廃棄物を原料とすることができる。さらにそれらの廃棄物は全て、セメント製品としてリサイクルされるため、二次廃棄物の少ないリサイクルを行うことができる。また、セメントを作る際には大量の熱源が必要であり、廃油や、廃タイヤなどを燃料として利用するサーマルリサイクルも行われている。主なリサイクル原料としては、石灰石、鋳物砂、無機汚泥、ばいじん、下水汚泥、廃油、廃白土、廃タイヤなどがある。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP