o|オゾン層破壊

大気中のオゾンは、その約90%が地上から10~50Km上空の成層圏と呼ばれる領域に集まっており、通称「オゾン層」と呼ばれている。地球を取り巻くオゾン層は、太陽光に含まれる紫外線のうち有害なものの大部分を九州しているが、このオゾン層が特定フロンなどの物質により破壊されると、地球に到達する有害紫外線の量が増加し、皮膚ガンの増加、白内障など眼疾患の増加、免疫機能の低下、農作物の収穫・品質の低下、水生生物への悪影響、プラスチックの品質低下をもたらすおそれがあるとされている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中野博の4つのYOUTUBEチャンネル
配信中!▽

PAGE TOP